ホーム » 車線変更の際に起こしてしまった事故

車線変更の際に起こしてしまった事故

免許取得1年目に交通事故を起こしてしまいました。運転し始めの頃は、初めてのことだらけでかなり緊張感を持って車に乗っていたのですが、丁度1年経ったあたりでつい気が緩んでしまいました。

事故は片側3車線の交通量の多い道路で起こしました。中央の車線から右折するために追い越し車線に入ろうとした瞬間、後ろから来た車と接触してしまったのです。車にも死角があり、いきなり後ろから車が出てきた感じがしてとてもびっくりしました。

事故を起こしてしまった瞬間頭が真っ白になりましたが、とにかく路肩に止めて相手と話さないといけないと思いました。車が破損した程度で、お互いの体に異常がないとわかると、相手の方が警察に電話してくれました。事故現場まで警察の方が来てくれると思ったら、ケガもなく車が動くようであれば2台で警察署まで来るように言われました。ボディの破損のみで、エンジンに問題はなかったので、警察署まで運転していきました。ただ頭がかなりパニックなので、その時も事故を起こさないよう気をつけました。警察署の交通課で話を聞かれたり、身分を確認されたりした後、お互いの保険会社に連絡しました。別れる前に、相手方の連絡先や保険会社名など私も控えを取っておきました。あとは保険会社の方が交渉してくれたので、相手方に直接連絡を取ることは1度もせずに済みました。